« CentOSサーバ構築4日目 一応最終?CentOSサーバ構築2日目(2) »

CentOSサーバ構築3日目

CentOSサーバ構築3日目

パーマリンク 2008/05/20 18:28:39 著者: kumaold メール
カテゴリ: サーバ関係

昨日は色々と忙しくて時間が割けなかったので本日はPostgreSQLについて。

今日は朝から胃腸の調子が悪かったりして大変でした。
最悪の胃腸風邪でないことを祈りつつ遅れて出社しましたがまあ何とか…

6.PostgreSQLの導入
  • PostgreSQLのインストール
  • サービスの起動・登録
  • ユーザの管理
  • PostgreSQL設定
  • 動作確認

PostgreSQLのインストール

標準レポジトリからのインストールで8.1.xが導入できるので手間要らずです。

yum -y install postgresql-server

サービスの起動・登録

PostgreSQLはサービスが起動していないと設定が行えないのでまずは起動

/etc/rc.d/init.d/postgresql start

ついでに自動起動するようサービスにも登録しましょう

chkconfig postgresql on

ユーザの管理

PostgreSQLをインストールすると、postgresというPostgreSQL管理ユーザが自動的に作成されるのでパスワードを設定しておく

passwd postgres

PostgreSQL上のユーザにもパスワードを設定するためpostgresユーザに切り替え

su - postgres

とりあえず最初からあるtemplate1に接続する

psql template1

PostgreSQL上のユーザpostgresにパスワードを設定

alter user postgres with password 'パスワード';

一旦\q(¥q)でpsqlコマンドを終了する

PostgreSQL上の一般ユーザを作成する(OSに同名のユーザを作成しておく)
パスワード入力を求められるので間違えないよう2回入力する

createuser -AdPE 一般ユーザ名

PostgreSQL設定

認証設定ファイルを自身からのみパスワード認証(md5暗号化)で許可するように
/var/lib/pgsql/data/pg_hba.conf を編集する

TYPEDATABASEUSERCIDR-ADDRESSMETHOD
localallallmd5
hostallall127.0.0.1/32md5

これでほぼ設定完了なのでユーザpostgresからexitする
ここからの操作は通常のユーザでやる

動作確認

データベースの作成

createdb --encoding UTF8 データベース名

正しい所有者、文字コードで作成できたか確認する

psql -l

あとはCREATE TABLE、INSERT、SELECT、DROP TABLEなどやってみる。

今日のところはPostgreSQLを動かせるようにするまで。
次回はPHPからデータ挿入、抽出して文字化けなど起きないようにしてみる。

 

CentOS徹底入門 第2版 (DVD付)CentOS徹底入門 第2版 (DVD付)
飛田 伸一郎

翔泳社 2008-02-05
売り上げランキング : 47011
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
type="text/javascript" src="http://www.ad16.jp/socailmedia.php?a=CCBot%2F2.0+%28http%3A%2F%2Fcommoncrawl.org%2Ffaq%2F%29&u=http%3A%2F%2Fkuroutoshikou.blog16.jp%2Findex.php%2F2008%2F05%2F20%2Fcentosa_ma_fa_as_cm_3a_yc_r" charset="EUC-JP">

一六社で働くITエンジニアのブログ。

普段はWeb系システム開発と地元のPCサポートをやってます。いつの間にやら会社に8年目。
技術ネタ中心に日々の仕事と生活と趣味やらを気が向いたら書いてます。

2017年4月
 << <   > >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution CMS