« GyaOで途端にIEが落ちる犯罪予告検知ソフト »

phpPgAdminの導入

phpPgAdminの導入

パーマリンク 2008/06/13 13:57:00 著者: kumaold メール
カテゴリ: 仕事, サーバ関係

やっと宿泊ネットのDBメンテナンスが片付いて落ち着いてきたので。
再びサーバの方の勉強に入りたいと思います。

自宅でもDB(MySQL)管理をしやすくするために、phpMyAdminを導入しています。

それのPostgreSQL版ということで、今回phpPgAdminを導入します。

phpPgAdminの導入
  • ダウンロード
  • 設置・設定
  • アクセス制限


適当なディレクトリにダウンロード

wget phpPgAdmin-4.2.tar.gz [長いので省略]

ファイルを解凍

tar xzf phpPgAdmin-4.2.tar.gz

ドキュメントルートに移動し、適当にリネームする

mv phpPgAdmin-4.2 /usr/local/apache/htdocs/phpPgAdmin

設定ファイルを編集(phpPgAdmin/conf/config.inc.php)

$conf['servers'][0]['host'] = 'localhost'
$conf['default_lang'] = 'japanese';


このままで十分に使用ができるが、パスワードアタックやデータベース乗っ取りなどの危険性があるので、必要に応じてアクセス制限をかける。

特定ホストからのみアクセスを許可する。
phpPgAdminディレクトリの中に.htaccessを作成し、このように記述する。
これで、記述したホスト以外からは表示できなくなる。

order deny,allow
deny from all
allow from [会社のIPアドレス/ドメイン]
allow from [自宅のIPアドレス/ドメイン]


さらにセキュリティを重視するのであればphpPgAdminディレクトリ自体にパスワードによるアクセス制限を実施する。


これで、ブラウザから簡単にデータベースを確認・操作することができる。

type="text/javascript" src="http://www.ad16.jp/socailmedia.php?a=CCBot%2F2.0+%28http%3A%2F%2Fcommoncrawl.org%2Ffaq%2F%29&u=http%3A%2F%2Fkuroutoshikou.blog16.jp%2Findex.php%2F2008%2F06%2F13%2Fphppgadmina_rad_a_y" charset="EUC-JP">

一六社で働くITエンジニアのブログ。

普段はWeb系システム開発と地元のPCサポートをやってます。いつの間にやら会社に8年目。
技術ネタ中心に日々の仕事と生活と趣味やらを気が向いたら書いてます。

2017年3月
 << <   > >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution