« ApacheとTomcatの連携道の駅スタンプラリー »

次の言語はJSP

次の言語はJSP

パーマリンク 2008/09/02 22:07:31 著者: kumaold メール
カテゴリ: サーバ関係, プログラミング, Javascript/Java

8月も終わりC言語もポインタ~構造体あたりまで一通りは扱うことが出来ました。

色々な言語に触れてみるという基本コンセプトのもと、9月からはまた別の言語をやろうということになりました。


そこで挙がったのがJSP(Javaサーブレット)です。
JSP自体の使用法としてはPHPに近いので取っ付きやすいというのもあります。

JSP実行環境を構築すればJavaも出来るので、今月はJSPとJavaに決まりました。


さて、まずは実行環境を整えないといけません。
今日の午後半分の時間を費やして、JSP環境構築を行いました。

参考にしたのはこちらのページです。

サーブレット/JSPサーバー構築(Tomcat6)


1.Java SE Development Kit(JDK)の導入

こちらからJava SE Development Kit 6 update 7のrpm版をDLする。

cd /usr/local/src
wget http://.../jdk-6u7-linux-i586-rpm.bin

ファイル名が長くURLのゴミが残っているのでリネームする。

mv '長い元のファイル名' jdk-6u7-linux-i586-rpm.bin

実行権限を付加した上で実行し、手順に沿って進めるとJavaが入る。

chmod +x jdk-6u7-linux-i586-rpm.bin
./jdk-6u7-linux-i586-rpm.bin

環境設定ファイルを開き、最終行に以下の内容を追加し、変更を反映させる。

vi /etc/profile
export JAVA_HOME=/usr/java/default
export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin
export CLASSPATH=.:$JAVA_HOME/jre/lib:$JAVA_HOME/lib:$JAVA_HOME/lib/tools.jar
source /etc/profile

この状態でJavaのコンパイル及びJAVAプログラムの実行が出来る。

Javaソフトの開発を行うのであればここまでで十分だが、JSPを実行するにはTomcatのインストールと設定が必要になる。


2.Tomcatの導入

Tomcatにはバージョンがあるが、今回はTomcat6を使用する。

解凍し、展開したフォルダを直接移動させる。

tar xzf apache-tomcat-6.0.18.tar.gz
mv apache-tomcat-6.0.18/ /usr/local/tomcat

環境設定ファイルを作成する。

vi /etc/profile.d/tomcat.sh
export JAVA_HOME=/usr/java/default
export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin
export CLASSPATH=.:$JAVA_HOME/jre/lib:$JAVA_HOME/lib:$JAVA_HOME/lib/tools.jar
export TOMCAT_HOME=/usr/local/tomcat
export CATALINA_HOME=/usr/local/tomcat
export CLASSPATH=$CLASSPATH:$CATALINA_HOME/common/lib

Tomcat起動スクリプトを作成する。

vi /etc/rc.d/init.d/tomcat
#!/bin/bash
#
# Startup script for the tomcat
#
# chkconfig: 345 80 15
# description: Tomcat is a Servlet+JSP Engine.

# Source function library.
. /etc/rc.d/init.d/functions
source /etc/profile.d/tomcat.sh

start(){
    if [ -z $(/sbin/pidof java) ]; then
        echo "Starting tomcat"
        /usr/local/tomcat/bin/startup.sh
        touch /var/lock/subsys/tomcat
    else
        echo "tomcat allready running"
    fi
}

stop(){
    if [ ! -z $(/sbin/pidof java) ]; then
        echo "Shutting down tomcat"
        /usr/local/tomcat/bin/shutdown.sh
        until [ -z $(/sbin/pidof java) ]; do :; done
        rm -f /var/lock/subsys/tomcat
    else
        echo "tomcat not running"
    fi
}

case "$1" in
    start)
        start
        ;;
    stop)
        stop
        ;;
    restart)
        stop
        start
        ;;
    status)
        /usr/local/tomcat/bin/catalina.sh version
        ;;
    *)
        echo "Usage: $0 {start|stop|restart|status}"
esac

exit 0

Tomcat起動スクリプトに実行権限を付加する。

chmod +x /etc/rc.d/init.d/tomcat

Tomcatを起動させる。

/etc/rc.d/init.d/tomcat start

Tomcat起動スクリプトを自動起動に設定する。

chkconfig --add tomcat
chkconfig tomcat on


これでJSTの実行環境(仮)はほぼ構築完了!

JSPのドキュメントルートは /usr/local/tomcat/webapps/ になる。
開発テスト用にjspディレクトリを作成し、テストファイルを作成。

/usr/local/tomcat/webapps/jsp/test.jsp

<% out.println("Hello, JSP!"); %>

http://localhost:8080/jsp/test.jsp にアクセスし、表示されれば問題なし。


10日でおぼえる JSP/サーブレット入門教室 第3版10日でおぼえる JSP/サーブレット入門教室 第3版
山田 祥寛

翔泳社 2008-04-11
売り上げランキング : 193079

Amazonで詳しく見る
type="text/javascript" src="http://www.ad16.jp/socailmedia.php?a=CCBot%2F2.0+%28http%3A%2F%2Fcommoncrawl.org%2Ffaq%2F%29&u=http%3A%2F%2Fkuroutoshikou.blog16.jp%2Findex.php%2F2008%2F09%2F02%2Fania_reu_eo_a_mjsp" charset="EUC-JP">

一六社で働くITエンジニアのブログ。

普段はWeb系システム開発と地元のPCサポートをやってます。いつの間にやら会社に8年目。
技術ネタ中心に日々の仕事と生活と趣味やらを気が向いたら書いてます。

2017年3月
 << <   > >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution