« 第17回高蔵寺SE勉強会地デジのFNS混信 »

BIOS通過が遅い謎現象

BIOS通過が遅い謎現象

パーマリンク 2008/11/11 23:44:47 著者: kumaold メール
カテゴリ: 仕事, PCサポート

DELLのDimension 4400の起動時に、画面が固まって何も操作できないまま長く待たされるという問い合わせを頂き、原因を調査してみました。


実際に見てみると、確かにDELLのロゴ画面が出た状態のまま1分間近くまったく応答がありません。しかし、待ちさえすれば動作は問題ないです。

quick bootなどが無効になっていないかなど、設定をどう操作しても一緒でした。


POST画面が出る前に固まってしまうので、これは何か特別な問題があるとは察しがつきましたが、原因がわからず昨日は引き上げました。



古い機種なのでググっても情報がほとんど無く、BIOSのアップデート情報を見た見たらバージョン"A05"の修正内容にこんなものを見つけました。

1. Fixed issue where system would hang if certain USB mass storage devices including some USB based digital cameras were attached at power on.

(意訳)
USBベースのデジカメなどを含む、USB大容量記憶装置が電源投入時に接続されているとハングする問題を修正


そういえば各種メディアドライブ内蔵のCanon MP610プリンタが接続してあったな~と思って、電源を切って再起動すると見事に的中でした。

結局BIOSがA04だったの最新のA06にアップデートして解決しました。


しかしこの世代のマシンで未だにBIOS更新がフロッピーからしか無理とは。

やっぱDELLはコスト削減でサポートには苦労するなぁと思った日でした。




(独自仕様のパーツさえなければ色々楽なんだがなぁ・・・)

なぜデルコンピュータはお客の心をつかむのか ― 顧客サポートNo.1の秘密を探るなぜデルコンピュータはお客の心をつかむのか ― 顧客サポートNo.1の秘密を探る
宇井 洋

ダイヤモンド社 2002-07-12
売り上げランキング : 135110
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
type="text/javascript" src="http://www.ad16.jp/socailmedia.php?a=CCBot%2F2.0+%28http%3A%2F%2Fcommoncrawl.org%2Ffaq%2F%29&u=http%3A%2F%2Fkuroutoshikou.blog16.jp%2Findex.php%2F2008%2F11%2F11%2Fbiose_e_a_e_a_en_c_fepi" charset="EUC-JP">

一六社で働くITエンジニアのブログ。

普段はWeb系システム開発と地元のPCサポートをやってます。いつの間にやら会社に8年目。
技術ネタ中心に日々の仕事と生活と趣味やらを気が向いたら書いてます。

2017年5月
 << <   > >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution free blog software