« CakePHPでパラメータにスラッシュが使えないDOSの起動できないPC »

コピーHDDの相性問題 on UnixWare

コピーHDDの相性問題 on UnixWare

パーマリンク 2009/02/27 12:45:08 著者: kumaold メール
カテゴリ: 仕事, PCサポート

今日も昨日の続きで多治見まで出向いてきました。

昨日のDOS起動不可PCのために、今日は動作確認済のデスクトップのテストマシンをしっかり用意をして万全の体制で行きました。


必要作業を終えて、改めて例の問題のマシンと悪戦苦闘!

HDDはもともとIBM製の2.1GBでOSにはUnixWare 2.xです。
これを単純コピーしてもカーネルパニックで起動できないんですよ。

The system is coming up. Please wait.

PANIC: vfs_mountroot: cannot mount root
Processor registers:
[以下略]

交換先HDDが80GBだと容量が大きすぎて認識が怪しいはずなので、今度こそテストマシンにてDOSを起動しそこから論理容量を減らします。

これでHDDのROMを一部書き換え、見た目の全容量を任意に小さくできます。


ある程度小さくすればうまくいくはず、と思ってエラー→容量縮小…を繰り返し、最終的に元HDDと同容量になったのに相変わらず同じエラーで起動せず。


もう迷宮入りかな~と思いかけたとき、なんとなく持参したテストマシンの40GB HDD(Western Digital製WD400)にだめもとでコピーしてみました。

まったく同じ方法でコピーしたのに今回に限って詳細なエラーメッセージが。

WARNING: Disk Driver (HA 0 TC 0), Unit 0, : disk size parameters have changed.
Filesystems on this disk can not be accessed, see advtoc(1m) for details.


どうも以前とディスクの容量情報が違うので起動できません、とのことなので元と完全一緒のLBA4233600(4200Cyl/16Head/63Sec)に揃えました。

それだけで見事完全起動し、動作にも特に問題ありませんでした。


Western Digital 40GはOKで、Seagateの80GはNGとか謎にもほどがあるw

まったくネット上にも情報がないんで地道にテストするしかないなぁ

ハード・ディスク装置の構造と応用―記録・再生の原理とメカニズム&インターフェース (C&E基礎解説シリーズ)ハード・ディスク装置の構造と応用―記録・再生の原理とメカニズム&インターフェース (C&E基礎解説シリーズ)
岡村 博司

おすすめ平均

 

type="text/javascript" src="http://www.ad16.jp/socailmedia.php?a=CCBot%2F2.0+%28http%3A%2F%2Fcommoncrawl.org%2Ffaq%2F%29&u=http%3A%2F%2Fkuroutoshikou.blog16.jp%2Findex.php%2F2009%2F02%2F27%2Fa_sa_a_fhdda_rc_ca_sa_ei_on_unixware" charset="EUC-JP">

一六社で働くITエンジニアのブログ。

普段はWeb系システム開発と地元のPCサポートをやってます。いつの間にやら会社に8年目。
技術ネタ中心に日々の仕事と生活と趣味やらを気が向いたら書いてます。

2017年3月
 << <   > >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution free blog software