« 東尋坊に行ってきた(北陸旅行)LANのスループット測定 »

念願の光ファイバー開通

念願の光ファイバー開通

パーマリンク 2009/03/19 23:05:40 著者: kumaold メール
カテゴリ: 自宅鯖, ネットワーク

本日、待ちに待ったNTTのフレッツ光プレミアムの開通ということで、午後から会社を早退して工事の立会いをしました。

工事はシーキューブの方が3人で来ました。どうやら話を伺うと1班で1日に3~4件ほど工事をしているとのことです。


1時半から工事を始めて、1時間ちょっとの間に休止扱いにするメタル線(電話回線)の撤去から光ファイバーケーブルの引込・設置まで完了しました。


まあ開通工事自体はたいしたことも特になく終了したわけですが、色々と特殊な環境下であるためその後10時間ほど格闘することとなりました。


ネットワーク環境

このようにルータ2台で各PPPoEで別プロバイダで利用しています。

[Internet]
 ┃光ファイバーケーブル
[ONU]
 │
[CTU]PPPoEブリッジ 192.168.24.0/24
 ├[VoIPアダプタ]─[電話]
 ├[無線ルータ1:CG-WLBARGN] 192.168.1.0/24 ISP:BB.excite
 │├[HDDレコーダ]
 │└[クライアントPC群3台]
 └[無線ルータ2:CG-WLBARAG2] 192.168.1.0/24 ISP:i-revo
  ├[サーバPC群3台]
  └[クライアントPC群3台]


気づいたことなどメモ書き

●短いLANケーブルを多めに用意すべき
ONU-CTU、CTU-VoIPアダプタ、CTU-ルータ1、CTU-ルータ2間で各20~30センチほどのケーブルを用意しないと配線が大変なことになる。
●はじめにCTUをPPPoEブリッジに
CTUに接続設定を保存した場合、クライアントIPごとのISP振り分けなどの機能もあるわけないので、PPPoE機能をONにしておく
●MTUは1438に
フレッツ光の場合はNTT網側が特殊なので1438か自動設定にしておかないと正常につながらない場合がある
●CTUの設定はLANケーブル直結で
CTUの設定は付属のCD-ROMに入っているツールは一切使わずに、CTUとPCをLANケーブルで直結して「https://ctu.fletsnet.com/」にアクセスする


そのほか色々と設定変更に苦労して、なんとか自宅鯖(メール、Web)に外部からドメインで接続できるまでになりました。


さて、お楽しみの速度測定。

デフォルトのWindows XPの設定だと、どんなに回線が早くても理論上25Mbps付近で頭打ちになってしまいます。

様々なチューニングと最良の設備を使用した結果、驚異的な速度が出ました。
測定には定評のある「Radish Network Speed Testing」を使用。


マルチセッションでの測定の結果、上下とも90Mbps前後という理論値にかなり近いデータセンター並の回線速度が確保できました。

シングルセッションでの測定でもDown:90Mbps/Up:56Mbpsほど出ます。

まだ開通から4日目ということもあり、ユーザが少ないこと、最大32分岐しても周りのユーザ数が少ないなど環境がよかったのかと思います。


あとは、LAN1とLAN2を問題なく接続できればいいんだが・・・

type="text/javascript" src="http://www.ad16.jp/socailmedia.php?a=CCBot%2F2.0+%28http%3A%2F%2Fcommoncrawl.org%2Ffaq%2F%29&u=http%3A%2F%2Fkuroutoshikou.blog16.jp%2Findex.php%2F2009%2F03%2F19%2Faimei_a_ra_a_a_ia_ca_a_fe_e" charset="EUC-JP">

一六社で働くITエンジニアのブログ。

普段はWeb系システム開発と地元のPCサポートをやってます。いつの間にやら会社に8年目。
技術ネタ中心に日々の仕事と生活と趣味やらを気が向いたら書いてます。

2017年3月
 << <   > >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution