« 入社して丸1年。同一ネットワークで複数ISPの共有 »

Windows Media Serviceの制御 on VBScript

Windows Media Serviceの制御 on VBScript

パーマリンク 2009/03/31 23:31:41 著者: kumaold メール
カテゴリ: 仕事, サーバ関係, プログラミング, WSH/VBScript

前回はWindows Media Serviceサービス単位での制御まではしましたが、公開ポイントごとの操作などができないと運用上実用的ではありません。

もちろん標準ではGUI画面からしか制御は無理で、コマンドラインから制御するためのコマンドなども一切ありません。


日本語の解説やドキュメントも一切なく、どうも色々調べてみる限りでは「APIだけは提供してやるんでC#, C++, VBで自分で作れ」のようです。

そこで一番取り掛かりやすいVBScriptにて制御スクリプトを作成しました。


まずは、「Windows Server 2003 SP1 Platform SDK(Windows Media サービス 9 シリーズ SDK)」をインストール。(Windows Server 2008でも同じ)

参考になるのはProgramming Reference (Visual Basic .NET)のみ。

これ以外に資料があるわけでもなく、しかもVBと若干オブジェクト名・メソッド名が違っていたりしたので苦労しました。


まだ公開まではできない状態なので主なところだけ抜粋。

'WMSのCOMオブジェクトを作成
Set Server = CreateObject("WMSServer.Server")

'公開ポイントの数取得(これでForループにする)
PubPointCnt = Server.PublishingPoints.Count

'i番目の公開ポイントを参照
Set PubPoint = Server.PublishingPoints.Item(i)

'公開ポイントを開始する
PubPoint.Start()

'公開ポイントを停止する
PubPoint.Stop()

'公開ポイントのソースのパスを指定
PubPoint.Path = "http://example.com/publishing_point"

'公開ポイントの現在の再生者数を取得
Player = PubPoint.Players.Count

この辺をコマンドラインから引数を渡して操作できるようにすることで、PHPからでもsystem()やexec()などで操作・データ取得ができるわけです。

一応これで汎用性の高い制御用スクリプトはできたのであとは組み込むだけです。
 

[改訂版] VBScriptポケットリファレンス (POCKET REFERENCE)[改訂版] VBScriptポケットリファレンス (POCKET REFERENCE)
(株)アンク
技術評論社 2006-05-30
おすすめ平均

type="text/javascript" src="http://www.ad16.jp/socailmedia.php?a=CCBot%2F2.0+%28http%3A%2F%2Fcommoncrawl.org%2Ffaq%2F%29&u=http%3A%2F%2Fkuroutoshikou.blog16.jp%2Findex.php%2F2009%2F03%2F31%2Fwindows_media_servicea_ra_pafi_on_vbscri" charset="EUC-JP">

一六社で働くITエンジニアのブログ。

普段はWeb系システム開発と地元のPCサポートをやってます。いつの間にやら会社に8年目。
技術ネタ中心に日々の仕事と生活と趣味やらを気が向いたら書いてます。

2017年5月
 << <   > >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution free blog software