« Windows Serverでログオンログを見やすく表示初心者マーク卒業 »

Let's noteのACアダプタ修理

Let's noteのACアダプタ修理

パーマリンク 2009/04/12 20:14:43 著者: kumaold メール
カテゴリ: デジタルモノ, メインPC

どうも最近Let's noteでACアダプタを繋いでもバッテリ残量警告が出たままになったりと、電源周りの不調で悩んでいました。

先日テスターで電圧を測ったところ、ACアダプタのPC側(定格DC16V)で電圧が掛かっていないことが判明し、よくみたら配線がむき出しで短絡してました。


仕方ないので買い換えようとCF-W4用のACアダプタ「CF-AA1625AJS」を探したところ、定価10,500円・売値3,000円~というのが相場とか・・・

ACアダプタ如きに数千円も使うのも馬鹿馬鹿しいので、短絡部分だけを切断して繋ぎなおせば直ると判断し、自分で修理しました。


※以下の作業は完全に電源を抜いた状態で自己責任で行ってください

まずは被覆が割れて配線がショートしていそうな部分を完全に切断。
トランス(変圧器)の箱部分の付け根はカッターナイフで削り落としちゃいます。

半田付けをするために双方の被覆を数ミリほど剥がします。

半田付けの際には配線が太く熱が逃げやすいので、あらかじめ半田メッキを施しておいた上で+、-同士をそれぞれの結線します。

この状態で端子からDC16Vの出力が確認できたので、原因は解決したようです。

あとは短絡のないようにしっかりビニールテープで絶縁処理をした上で、念のため無理な力が加わらないように固定すれば完璧です。


これで高いACアダプタをわざわざ買う必要もなくなったのでよかったです。

type="text/javascript" src="http://www.ad16.jp/socailmedia.php?a=CCBot%2F2.0+%28http%3A%2F%2Fcommoncrawl.org%2Ffaq%2F%29&u=http%3A%2F%2Fkuroutoshikou.blog16.jp%2Findex.php%2F2009%2F04%2F12%2Flet_s_notea_raca_ca_a_a_iairc" charset="EUC-JP">

一六社で働くITエンジニアのブログ。

普段はWeb系システム開発と地元のPCサポートをやってます。いつの間にやら会社に8年目。
技術ネタ中心に日々の仕事と生活と趣味やらを気が向いたら書いてます。

2017年5月
 << <   > >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

検索

XMLフィード

16ブログ     blogging software