« 夏コミのホテルの手配テスト鯖の入れ替え »

VoIPアダプタAD-200NE到着

VoIPアダプタAD-200NE到着

パーマリンク 2009/07/03 13:46:22 著者: kumaold メール
カテゴリ: ネットワーク, SIP/Asterisk

先日の裏技で交換依頼をしたひかり電話VoIPアダプタ AD-200NE が到着したので、NTT側の局舎の切り替えが行われる今日、取り付け作業をしました。


交換してみると、何故かCTUからのDHCPで従来と同じIPが振られるという謎。

NTTの中の人から直接聞いた話をちょっと紹介。

いわゆる皆さんが"CTU"と言っている機械はただのVLAN-HUBで、実態はNTTの局舎側にある機械がCTUの機能を提供してるんだそうな。

DHCPも局舎側で行われるそうで、CTUのDHCPが遅いのもそれが原因かも。

今回VoIPアダプタの切り替えで局舎の工事云々というのも、実際は局舎のCTUにVoIPアダプタのMACアドレスを登録する作業と思えば辻褄が合う。


さて、本当にSIPサーバ機能があるのかまず確かめようと、SIPソフトフォンX-LiteをAD-200NEにregistしようとすると、何故かAD-200NEが再起動!

設定とか色々見直しても何度やっても駄目で、調べると仕様のようです。

無料のソフトフォン・プログラム X-Lite を使ってみる 
>このルータを、バージョンアップするとX-Lite起動中にルータが再起動を繰り返す、という症状が出ているようです。


あとは、VoIP-Info.jp Wiki RT-200NEを参考にAsteriskにパッチを当て、AD-200NEの内線3番にAsteriskをregistして、発着信設定をすれば完了。

自宅内の古い電話を活用した内線全てで外線通話ができるようになりました。


しかしこれで自宅内LANがさらに複雑なことに。

これでしばらくは色々と面白いことができそうです。
 

type="text/javascript" src="http://www.ad16.jp/socailmedia.php?a=CCBot%2F2.0+%28http%3A%2F%2Fcommoncrawl.org%2Ffaq%2F%29&u=http%3A%2F%2Fkuroutoshikou.blog16.jp%2Findex.php%2F2009%2F07%2F03%2Fvoipa_ca_a_a_iad_200nea_dc" charset="EUC-JP">

一六社で働くITエンジニアのブログ。

普段はWeb系システム開発と地元のPCサポートをやってます。いつの間にやら会社に8年目。
技術ネタ中心に日々の仕事と生活と趣味やらを気が向いたら書いてます。

2017年3月
 << <   > >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索

XMLフィード

16ブログ     blog soft