« 日帰り大阪データ移行メモ »

地デジ録画方法の考察

地デジ録画方法の考察

パーマリンク 2009/09/02 23:13:36 著者: kumaold メール
カテゴリ: メインPC, 地デジ

さて、待ちに待った地上デジタル放送の加子母でも今月末あたりから始まるわけですが、その録画方法についてちょっと調べてみました。


普通はデジタル放送対応のHDDレコーダなりBUFFALOとかのPC用チューナを買うわけですが、例によってコピワン(or ダビ10)で自由が利きません。

とりあえず汎用性が高いようにPCに保存ようにもそれすらできないという、ユーザに不便を強いるようなもんだから「痴デジ」とか「血で痔」とか皮肉られるんだが・・・


さて、そこでアースソフト PT1の登場ですよ。
これほど最低で最高のデジタルチューナはおそらく知る限りないかと思います。

スペック的には地上波・BS/110°CSの3波チューナ搭載で、地上波と衛星の各2チューナであるため最大4番組同時録画ができるのは最強です。
(しかも複数枚挿しOK。4番組以上はCore 2 QuadかCore i7は必須かも)


何が最低かというと・・・

本製品は単に放送波を復調する能力しか有していません。
放送波は暗号化されているため、本製品で放送を視聴することはできません。

事実これ単体じゃ何もできないので非常に敷居が高い代物なんです。

公開されているSDKから有志の方々が色々と素晴らしいソフトを開発してくれたので、デジタル放送の生録画など一通りのことはできるようです。


法的にも完全に合法であるため、買うのにわざわざ海外から個人輸入する必要がある某製品と違って普通にその辺の通販サイトで購入できます。

ただし完売でオークションで+1万円ほどのプレミア付きで取引されてますが。


複製防止(コピーガード)を解除する装置の販売は違法でも、制御信号(アクセスコントロール)を解除せずそのまま記録することは何の問題もないですからねぇ。

で、電子申告とかに使うカードリーダにB-CASカードを挿して復号するわけです。



おそらくこれがコストパフォーマンス的な意味でも最強の手段だと思います。
何とか現物を手に入れることができたら色々と実験してみます。

PT1 REV.BPT1 REV.B

アースソフト
売り上げランキング : 11473
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
type="text/javascript" src="http://www.ad16.jp/socailmedia.php?a=CCBot%2F2.0+%28http%3A%2F%2Fcommoncrawl.org%2Ffaq%2F%29&u=http%3A%2F%2Fkuroutoshikou.blog16.jp%2Findex.php%2F2009%2F09%2F02%2Fa_da_a_ce_sc_ra_sas_a_re_am" charset="EUC-JP">

一六社で働くITエンジニアのブログ。

普段はWeb系システム開発と地元のPCサポートをやってます。いつの間にやら会社に8年目。
技術ネタ中心に日々の仕事と生活と趣味やらを気が向いたら書いてます。

2017年3月
 << <   > >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution CMS