« Webフォルダで予期しないエラー山積みパッケージの片付け »

PT1で遊んでみた

PT1で遊んでみた

パーマリンク 2009/09/27 23:53:03 著者: kumaold メール
カテゴリ: メインPC, 地デジ

以前紹介した胡散臭い地デジチューナPT1が届いたのでレポ。
定価は1.9万円ですが、生産終了なので1万円以上のプレミアがついています。

写真のとおり、上から衛星2/地上2/衛星1/地上1の各F型端子の入力があります。

何度見ても怪しい商品パッケージ(といっても緩衝材で保護してあるだけ)

細かいことは割愛しますが、有志の方によって素晴らしいアプリが開発されているので、普通に使う上では視聴・録画ともまったく不便はしません。

それでもPT1を入手した理由としては、4番組同時録画ができることのほかに、 ネットワークでの映像配信・遠隔制御やB-CASカードの共有ができるためです。
(PT1に限らずTS抜きができるチューナーなら他の物でも可)

まだ本日はICカードリーダー@300円が届いていなかったので、ノンスクランブルの一部放送とワンセグくらいしか見れませんが、B-CASカードを挿せばCSを除いて全番組視聴できるはずです。


ちょうど本日は高蔵寺まで出向いたので、映像配信と遠隔制御をテストしました。
あらかじめLANで見れるのを確認しておいたので、ルータのポートを空けときます。

しかし・・・とりあえず見れたショップチャンネルを配信するも、何故か写りません。
調べてみると、指定したチャンネルの映像だけでなく、物理chの全データを送っていたため、上り回線に37Mbpsもの帯域が必要とのでした。

そこで、配信ソフトのSpinelの無駄データをカットするEnableTSOptimizerを有効にしてみると、18Mbpsで無線LANでなんとか見れました。


要はルータ越えができるかテストしたんですが、あっさり成功しちゃいました。
ただ、自宅鯖回線のi-revoはUP制限5GB/日という糞プロバイダorz

明日B-CASカードリーダーが届いたら自動録画環境の構築手配に入るかな。

地デジ&ブレーレイ完全コピーガイド―世界一かんたんな最新の地デジコピーテクニック (OAK MOOK 307)地デジ&ブレーレイ完全コピーガイド―世界一かんたんな最新の地デジコピーテクニック (OAK MOOK 307)

オークラ出版 2009-09
売り上げランキング : 24372
type="text/javascript" src="http://www.ad16.jp/socailmedia.php?a=CCBot%2F2.0+%28http%3A%2F%2Fcommoncrawl.org%2Ffaq%2F%29&u=http%3A%2F%2Fkuroutoshikou.blog16.jp%2Findex.php%2F2009%2F09%2F27%2Fpt1a_se_a_a_sa_ia" charset="EUC-JP">

一六社で働くITエンジニアのブログ。

普段はWeb系システム開発と地元のPCサポートをやってます。いつの間にやら会社に8年目。
技術ネタ中心に日々の仕事と生活と趣味やらを気が向いたら書いてます。

2017年3月
 << <   > >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution