« 初雪で大雪ファイル鯖を2TBに拡張! »

新ファイル鯖のベンチマーク

新ファイル鯖のベンチマーク

パーマリンク 2009/12/15 23:36:23 著者: kumaold メール
カテゴリ: 自宅鯖, サーバ関係

例によって丸2日ほどかかったRAIDの初期化も終了したのでベンチマーク測定。
測定には転送速度測定で定評のあるCrystalDiskMarkを使用しました。

う~ん、思ったほど速くなっていないような・・・

ST31000520AS単体で120MB/sなことを考えるとちょっと期待はずれです。


それでもスループットが向上したおかげか、自宅LAN上においての測定では、 Read 50MB/s, Write 97MB/s をマークすることができました。

TCP Monitor Plusで見てみるとLAN上でなんと最高 750Mbps という1000BASE-Tで文句のない速度が出ていたので驚きました。

これ下手な内蔵HDDより快適にアクセス出来るかも。


ところで、RAID 5 のハードディスクのデフラグとかどうするべきなんだろうか。
分散パリティでデータが数キロバイト単位で各HDDに書き込まれるとはいえ、連続する領域にあった方が効率は良くなりそうなものだが。

少なくともWindows標準のデフラグだと"ファイルシステム上の論理的な"データの書き込み位置でしか判断してなさそうなので、使っていいのか困る。

やはりサーバ用途のデフラグソフトならRAID 5にも対応してるんでしょうか。

Barracuda LPシリーズ 5900rpm 1TB [Buffer:32MB] Serial ATAII/300 3.5インチHDD 【BareDrive ※Bulk】
type="text/javascript" src="http://www.ad16.jp/socailmedia.php?a=CCBot%2F2.0+%28http%3A%2F%2Fcommoncrawl.org%2Ffaq%2F%29&u=http%3A%2F%2Fkuroutoshikou.blog16.jp%2Findex.php%2F2009%2F12%2F15%2Fa_da_a_ia_ca_lem_a_ra_a_sa_a_a_fa_m" charset="EUC-JP">

一六社で働くITエンジニアのブログ。

普段はWeb系システム開発と地元のPCサポートをやってます。いつの間にやら会社に8年目。
技術ネタ中心に日々の仕事と生活と趣味やらを気が向いたら書いてます。

2017年3月
 << <   > >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索

XMLフィード

16ブログ     blog software