« Sandy Bridgeで省エネサーバ星空へ架かる橋 聖地巡礼 »

スマートフォン SH-12C 乗り換え策を考えてみた

スマートフォン SH-12C 乗り換え策を考えてみた

パーマリンク 2011/05/17 00:38:36 著者: kuma メール
カテゴリ: デジタルモノ, ネットワーク

 
これだけ世間でスマートフォンが流行っていながら、デジタルモノ好きな自分が購入を見送ってきた経緯としていくつかありまして…

 

  • 通信エリアは田舎事情として広いほどよし
  • どうせなら外部機器も同時にネット接続可(テザリング対応)
  • 電子マネー(モバイルSuica、Edy、DCMXmini)対応
  • 月額の料金を上げたくない
  • 現行の電話番号・メアドは維持
  • 家族内通話無料、他社宛メール無料は維持


まあどこかしら妥協しないといけないので踏ん切りがつかなかったわけです。

このあたりの事情がドコモの夏の新機種ですべて解決できそうな運びになってきましたので、この際にやっとスマートフォンへの乗換えを決定!!


これらの問題をすべて解決する、その解決策がこちら。

携帯最低料金 + スマートフォン + b-mobile SIM U300


つまり、現状のガラケーを最低料金のメール無料プランにしたうえで、ドコモの4/1発売以降のスマートフォンを購入し、b-mobileのSIMカードを使う、ということ。

4/1以降のドコモの新機種は原則SIMフリーであり、他社のSIMカードが使えます。
ここにドコモのMVNOである日本通信b-mobile SIM U300を挿します。



現状の携帯月額料金は、ネット・メール定額で月額 5,398円 となってます。

パケホ解約で、メール使い放題の「タイプシンプル」に変えると、月額 1,102円
b-mobile SIM U300は6ヶ月前払いの14,900円なので、月平均 2,483円でネット定額。


ということで2台持ちで現状のメアド・電話番号を維持しつつ、家族内通話無料でもあり、ネット・メール定額環境が、なんと月額 3,585円 で実現できちゃいます。


逆にこの運用のデメリットとして、2台持ちであるということのほかには、b-mobile U300 という名のとおり通信速度が上下最大300kbpsに制限されるということ。

通常の3G回線であるのと比べると、重いページでは気になるかもしれません。

でも普段の平日は無線LANが使える自宅と会社の往復、移動はほぼ車の運転なので3G回線で使う機会というのも実際わずかであることを考えると妥協できます。



昨日発表のあったドコモ夏発売のスマートフォンで、正式にテザリング対応となりました。
しかも、Pocket WiFiのようなWi-Fiテザリング対応で文句のつけようがないです。

ドコモ夏スマホ全10機種の注目スペックを横並び比較!


その中でもSH-12Cが特に注目の機種で、まずスペック買いは前提としても評判的にもよさげなのと、なぜか3D機能搭載wという仕様に釣られて(ry

しかも夏の機種の割に発売は今週末の5月20日(金)だったりで、もしかしたら週末くらいにはヤフオクで白ロム買っちゃうくらいの勢いですw


 

日本通信 bモバイルSIM U300 6ヶ月(185日)使い放題パッケージ BM-U300-6MS日本通信 bモバイルSIM U300 6ヶ月(185日)使い放題パッケージ BM-U300-6MS

日本通信 2010-04-16
売り上げランキング : 1276

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
type="text/javascript" src="http://www.ad16.jp/socailmedia.php?a=CCBot%2F2.0+%28http%3A%2F%2Fcommoncrawl.org%2Ffaq%2F%29&u=http%3A%2F%2Fkuroutoshikou.blog16.jp%2Findex.php%2F2011%2F05%2F17%2Fsh-12c" charset="EUC-JP">

一六社で働くITエンジニアのブログ。

普段はWeb系システム開発と地元のPCサポートをやってます。いつの間にやら会社に8年目。
技術ネタ中心に日々の仕事と生活と趣味やらを気が向いたら書いてます。

2017年4月
 << <   > >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

検索

XMLフィード

16ブログ     blog soft