カテゴリ: サーバ関係, SIP/Asterisk, 自宅鯖

ページ: << 1 ... 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 >>

Windows Server 2008

パーマリンク 2008/07/24 21:49:05 著者: kumaold メール
カテゴリ: サーバ関係

Windows Server 2008がリリースされてからしばらく経ちますが、まだ一回も触ったことがなかったのでVistaを入れたPCにデュアルブートで入れてみました。


噂どおり、Vistaベースで開発されただけあってサーバOSのくせに起動、ログイン画面あたりは無駄にグラフィカルなつくりになっています。

GUI全般はVistaのをクラシックスタイルに置き換えたようなイメージです。


最も使うであろうInternet Information Service 7.0(IIS7)ですが、今まででさえ使いづらかったものがさらに分かりにくくなりました。
(長年のOffice 2003ユーザがOffice 2007に移行したときのような感じ)



以下、とりあえずPHPを動かせるようにするまでのメモ書き。


1.PHP:DownloadsからWindows Binaries zip packageをダウンロード

2.解凍し、『C:\PHP』に設置する

3.PHPフォルダ内の『php.ini-dist』を『php.ini』にリネームした上で、『C:\Windows』に保存し、適切な設定をしておく

extension_dir = "c:\PHP\ext"

extension=php_mbstring.dll

mbstring.language = Japanese
mbstring.internal_encoding = UTF-8
・・・
以下略


4.後々役立つので、『C:\PHP』にパスを通しておく。
 システムのプロパティ→詳細設定→環境変数→Path

 #既にある文字列の最後に『C:\PHP;』を付加する

色々と他のパス;C:\PHP;


5.IISマネージャのISAPIフィルタを開き、『ISAPIフィルタの追加』

◎フィルタ名
 PHP
◎実行可能ファイル
 C:\PHP\php5isapi.dll


6.IISマネージャのハンドラマッピングを開き、『スクリプトマップの追加』

◎要求パス
 *.php
◎実行可能ファイル
 C:\PHP\php5isapi.dll
◎名前
 PHP


7.IISマネージャからか『iisreset』コマンドでIISを再起動する

8.phpinfo(); で各種モジュールなどが読み込まれているか確認する




ひと目でわかるMicrosoft Windows Server 2008 (マイクロソフト公式解説書) (マイクロソフト公式解説書)ひと目でわかるMicrosoft Windows Server 2008 (マイクロソフト公式解説書) (マイクロソフト公式解説書)
天野 司

日経BPソフトプレス 2008-04-24
売り上げランキング : 50347

Amazonで詳しく見る

サーバ入れ直し3回目

パーマリンク 2008/07/18 21:58:08 著者: kumaold メール
カテゴリ: サーバ関係

昨日OpenSSLをインストールをしようとしている最中に何か挙動が変だと思ってRebootしてみたらそれ以来カーネルパニックで立ち上がらなくなってしまいました。

その直前のエラーを見ると『/bin/sh: Command not found』というどうも普通じゃ考えられないエラーで、どうもまたHDDが原因な感じが激しくします。


まあどちらにしても入れ直しは確実なのでこの際新品HDDに交換しました。
流石にここまでくると消えると痛いデータも増えてきました。

幸いなことに既存のデータはLiveCDで救出できてよかったです。


もう3回目なので一連の作業も身について半日でとりあえず構築できました。
これはある意味練習になって良かったのかも。

3度目の正直、今度こそは1年は耐えてくれないと。



6時間でできるLAMPサーバ構築ガイド―Linux&Apache&MySQL&PHP+最新CMSですぐ使える!6時間でできるLAMPサーバ構築ガイド―Linux&Apache&MySQL&PHP+最新CMSですぐ使える!
清水 正人

ソシム 2007-09
売り上げランキング : 80143

Amazonで詳しく見る
type="text/javascript">
type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js">

Apacheでの複数ドメイン運用

パーマリンク 2008/06/25 23:45:25 著者: kumaold メール
カテゴリ: 仕事, サーバ関係

1つのサーバ、IPアドレスで複数のサイト(ドメイン)の運用ができると便利です。
Apacheでの最も基本的なバーチャルホストを使った方法のメモ書きです。

サブドメインでは面白くないので、適当なドメインを取得します。

DNSレコード設定も忘れずに(VALUE-DOMAINの場合)

a @ 123.45.67.89
a www 123.45.67.89


/usr/local/apache/conf/httpd.conf を編集

#NameVirtualHostを有効にする
NameVirtualHost *:80

#最初からあるドメインもバーチャルドメインにする
<VirtualHost *:80>
    ServerName domain1.com
    DocumentRoot /usr/local/apache/htdocs
    ServerAdmin webmaster@domain1.com
</VirtualHost>

#追加のドメイン
<VirtualHost *:80>
    ServerName domain2.net
    DocumentRoot /home/www
    ServerAdmin webmaster@domain2.net
    ErrorLog /var/log/apache/domain2_error.log
    CustomLog /var/log/apache/domain2_access.log common
</VirtualHost>


これで追加ドメイン用のディレクトリも作成して準備万端なはずでしたが・・・

アクセスしてみると、『403:Forbidden』でテストページが表示されず。
ディレクトリのパーミッションも所有者も正しく設定したはずなのに。

Google先生の力を借りてみると、httpd.confに追加設定が必要とのこと。

<Directory "/home/www">
    Order allow,deny
    Allow from all
</Directory>


これで問題なくセカンドドメインでの運用もできるようになりました。
なお、IPでアクセスした際にはhttpd.confの記述順で表示されます。


できるPRO Apache Webサーバー Apache2/1.3対応 (できるPROシリーズ)できるPRO Apache Webサーバー Apache2/1.3対応 (できるPROシリーズ)
辻 秀典

インプレスジャパン 2006-06-01
売り上げランキング : 117337
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
type="text/javascript">
type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js">

<< 1 ... 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 >>

一六社で働くITエンジニアのブログ。

普段はWeb系システム開発と地元のPCサポートをやってます。いつの間にやら会社に8年目。
技術ネタ中心に日々の仕事と生活と趣味やらを気が向いたら書いてます。

2017年4月
 << <   > >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution free blog software