カテゴリ: メインPC

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 >>

メインPC省電力化計画第4弾 -ビデオカード-

パーマリンク 2011/10/10 23:51:10 著者: kuma メール
カテゴリ: メインPC

マザーボード交換SSD化電源ユニット交換ときて、まだ何かあるっけ?

実はまだ結構大きい無駄があったりするんです。それは・・・ビデオカード。


実はすでに数ヶ月前に GeForce 8600GTS → GeForce GT 240 に乗り換えていて12Wの消費電力削減にはなってます。

が、そもそも最近はオンボードグラフィックでも性能が上がったし、標準でDVI/VGAの2出力ついてるし、そもそもビデオカード自体がいるのかということになってきまして・・・


実際のところ3Dゲームだと雀龍門やるくらいでほぼ役に立ってなかったんで、思い切ってすっきり外しちゃいました!

もともと GT 240 自体はアイドル時の省電力モデルらしいのでそんな消費電力が下がるわけでもないですが、意外と効果ありでした。


変更前: 45W
変更後: 37W (-17% / 初期比-56%)


これで当初の85Wがなんと30W台にまで下がってしまうのが驚きです。

今度こそこれで最終回!?

 

SANWA SUPPLY ワットモニター TAP-TST8SANWA SUPPLY ワットモニター TAP-TST8

サンワサプライ
売り上げランキング : 361

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

メインPC省電力化計画第3弾 -電源-

パーマリンク 2011/10/01 17:00:04 著者: kuma メール
カテゴリ: メインPC

マザーボード交換SSD化ときて次は何かといわれれば、電源ユニットです。


電源ってあまり影響なさそうに見えて、実は結構重要なパーツだったりします。

実のところ、自作PCをはじめてから故障以外で電源交換をしたことがありませんでした。
いま使っているのも5年くらい前からずっと使い込んでる代物です。


ここ数年で電源も進化を遂げていて、最近では高い変換効率が売りのようです。

今回購入したのは2chの省電力PCスレでも定評のある 絢風 AYAKAZE 300 です。
こちらは 80PLUS GOLD の認証取得済みで変換効率87%以上を実現しています。


現在使用している電源は一応パッケージ販売の汎用400W電源ですが、消費電力は1割くらい下がれば上出来かな、と思っていました。

早速取り替えてみて驚いたのが静穏さです。
ケースを閉めていると電源が入っているかわからないほど静かです。

一番肝心の消費出力ほどは・・・交換前 60W だったのが・・・


まさかの 45W (-15W) というすごい事になってます!

電源ユニット変えただけで25%も節電できるなんてまったく思ってなかったですよ。
というか数年前の電源がいかに効率が悪かったのか思い知らされました。


ここまで3回の省電力化の成果として 85W → 64W → 60W → 45W まで全体では40Wもの消費電力の削減ができました。

ほぼ24時間稼動なので1ヶ月では約29kWh、約650円の電気代の節約になります。

節約分で部品代が3年で回収できると考えれば悪くない出費かもしれません。
今後とも省エネパーツがあれば積極的に乗り換えていきたいものです。

 

Huntkey ATX電源80PLUS GOLD 300W  絢風 AYAKAZE300Huntkey ATX電源80PLUS GOLD 300W 絢風 AYAKAZE300

Huntkey 2011-07-08
売り上げランキング : 4929

Amazonで詳しく見る
type="text/javascript">
type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js">

メインPC省電力化計画第2弾 -SSD-

パーマリンク 2011/09/25 18:00:00 著者: kuma メール
カテゴリ: メインPC

先日に引き続きメインマシンの省電力化計画第2弾です。


ほんとは前回のマザーボード交換と一緒にやるはずだったのが、納期の関係で延びたので仕方なく後日になりました。

どうせハードディスクのデータコピーすればいいやと軽い気持ちでいたのが後で面倒なことの原因になるわけですが…


さて、自宅鯖のシステムドライブは30GBの容量でも十分でしたが、メインPCの方で30GBだとちょっと心許ないのと、Vista 以降の Windows では要求ディスク領域が増えているので64GBにしました。


今回購入したのはこちらのSSD『CSSD-S6M64NM4Q』です。
これ中身は「CT064M4SSD2」のOEMですが、3.5インチ変換マウンタが付属します。

このSSDですが、実はすばらしい隠し機能(?)が存在します。

ファームウェアを0009に更新するとパッケージにあるシーケンシャルリード公称415MB/sを軽く上回る、500MB/sを叩き出すというらしいです。



早速交換をしてハードディスクの中身をコピーします。

まず明らかにマウスポインタが出てからデスクトップが早くなりました。
電源を入れてから30秒以内で普通に使用可能状態になるのはいいですね。

とりあえずベンチマークをとってみる。(ファームウェア更新後)


予想通りシーケンシャルリードが素晴らしいことに!
ちょっと前だとSSDの RAID 0 でも組まない限りなかなか見えない数字でした。


ん、でもランダムライトがなんか明らかに数値がおかしいぞ・・・?
これがうわさに聞くSSDとか大容量HDDで起きる物理セクタのずれ問題なのかな。

いろいろと調べてみたところ、XP以前のOSでフォーマットされたHDDでは論理・物理セクタのアライメントがずれるらしく、ランダムリード・ライトでその影響が顕著に現れるということらしいです。


Vista以降のOSでフォーマットずればいいのは間違いないようですが、数日前にクリーンインストールしたOSをまた入れ直す気になれねー・・・

なんかいい方法ないかなーと探していたら Paragon Alignment Tool なるソフトがあり、これだと既存データはそのままアライメントを最適化できるらしいです。


というわけで多少の出費は伴いましたが、こちらを購入してみました。
思ったよりも簡単な操作で短時間で最適化は完了しました。

気を取り直してベンチマークをとってみます。


これで本来のSSDらしさを活かせるランダムリード・ライトの高速化が実現できました。


前置きが長くなりましたが本来の省電力化への結果のほどは・・・

変更前: 64W
変更後: 60W (-7% / 初期比-29%)


最近のハードディスクは比較的省エネ志向なのであまり顕著な差はないですが、それでも確実に消費電力は下がりました。

むしろ今回は体感速度向上のほうがメリットはあった感じですね。


参考記事


 

シー・エフ・デー販売 6Gbps対応 2.5inch SSD MicronC-400採用 64GB CSSD-S6M64NM4Qシー・エフ・デー販売 6Gbps対応 2.5inch SSD MicronC-400採用 64GB CSSD-S6M64NM4Q

シー・エフ・デー販売
売り上げランキング : 572

Amazonで詳しく見る

 

type="text/javascript">
type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js">

1 2 3 4 5 6 7 8 >>

一六社で働くITエンジニアのブログ。

普段はWeb系システム開発と地元のPCサポートをやってます。いつの間にやら会社に8年目。
技術ネタ中心に日々の仕事と生活と趣味やらを気が向いたら書いてます。

2017年3月
 << <   > >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution free blog software