カテゴリ: デジタルモノ, 地デジ

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 12 >>

スマートフォン SH-12C 乗り換え策を考えてみた

パーマリンク 2011/05/17 00:38:36 著者: kuma メール
カテゴリ: デジタルモノ, ネットワーク

 
これだけ世間でスマートフォンが流行っていながら、デジタルモノ好きな自分が購入を見送ってきた経緯としていくつかありまして…

 

  • 通信エリアは田舎事情として広いほどよし
  • どうせなら外部機器も同時にネット接続可(テザリング対応)
  • 電子マネー(モバイルSuica、Edy、DCMXmini)対応
  • 月額の料金を上げたくない
  • 現行の電話番号・メアドは維持
  • 家族内通話無料、他社宛メール無料は維持


まあどこかしら妥協しないといけないので踏ん切りがつかなかったわけです。

このあたりの事情がドコモの夏の新機種ですべて解決できそうな運びになってきましたので、この際にやっとスマートフォンへの乗換えを決定!!


これらの問題をすべて解決する、その解決策がこちら。

携帯最低料金 + スマートフォン + b-mobile SIM U300


つまり、現状のガラケーを最低料金のメール無料プランにしたうえで、ドコモの4/1発売以降のスマートフォンを購入し、b-mobileのSIMカードを使う、ということ。

4/1以降のドコモの新機種は原則SIMフリーであり、他社のSIMカードが使えます。
ここにドコモのMVNOである日本通信b-mobile SIM U300を挿します。



現状の携帯月額料金は、ネット・メール定額で月額 5,398円 となってます。

パケホ解約で、メール使い放題の「タイプシンプル」に変えると、月額 1,102円
b-mobile SIM U300は6ヶ月前払いの14,900円なので、月平均 2,483円でネット定額。


ということで2台持ちで現状のメアド・電話番号を維持しつつ、家族内通話無料でもあり、ネット・メール定額環境が、なんと月額 3,585円 で実現できちゃいます。


逆にこの運用のデメリットとして、2台持ちであるということのほかには、b-mobile U300 という名のとおり通信速度が上下最大300kbpsに制限されるということ。

通常の3G回線であるのと比べると、重いページでは気になるかもしれません。

でも普段の平日は無線LANが使える自宅と会社の往復、移動はほぼ車の運転なので3G回線で使う機会というのも実際わずかであることを考えると妥協できます。



昨日発表のあったドコモ夏発売のスマートフォンで、正式にテザリング対応となりました。
しかも、Pocket WiFiのようなWi-Fiテザリング対応で文句のつけようがないです。

ドコモ夏スマホ全10機種の注目スペックを横並び比較!


その中でもSH-12Cが特に注目の機種で、まずスペック買いは前提としても評判的にもよさげなのと、なぜか3D機能搭載wという仕様に釣られて(ry

しかも夏の機種の割に発売は今週末の5月20日(金)だったりで、もしかしたら週末くらいにはヤフオクで白ロム買っちゃうくらいの勢いですw


 

日本通信 bモバイルSIM U300 6ヶ月(185日)使い放題パッケージ BM-U300-6MS日本通信 bモバイルSIM U300 6ヶ月(185日)使い放題パッケージ BM-U300-6MS

日本通信 2010-04-16
売り上げランキング : 1276

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

プロジェクター奮闘修理編

パーマリンク 2011/04/10 22:49:36 著者: kuma メール
カテゴリ: デジタルモノ

先日ジャンク品を入手したことをお伝えしたプロジェクターですが、注文していた交換用ランプが香港から1週間がかりで到着しました。


期待を抱いてランプ交換をしてみる。

・・・

あれ、交換前より暗くなってね?

ということで所詮は互換品、どうもても安物買いの銭失いです。
本当にありあとうございました。

でもランプ寿命にしてはちょっと異様に暗すぎるのでは?

そこでフィルターを覗いてみると、タバコのヤニがビッシリ!?
うわー、これじゃ光学系の部品が汚れてここまで暗くなるわけだ。

どうせジャンク品なんで思い切って分解清掃!

まず本体カバーをはずしたところ。

上部の基盤とフラットケーブルの位置を覚えつつ取り外します。
右下がランプ、左上がレンズ、その下が3原色ごとの液晶部分になります。


さらに光学系のカバーも外して、内部のミラー・レンズ類がでできました。
このカバーに付いている偏光板の角度調整ネジは緩めると厄介なので触らないこと。

液晶プロジェクターの仕組みについては、日東光器のページが参考になります。


ここにあるすべてのレンズ、ミラーを取り外した上で、アルコールをつけた綿棒で1枚1枚丁寧に汚れをとる作業を半日がかりで完了させました。


分解と逆の手順で組み立てて、改めてカラーバーを映してみる。


明らかに前回よりも明るさがアップし、色合いも改善してます。
やはり黄色っぽいのはランプ寿命で仕方ないとして、実用レベルまで戻りました。

しばらくこれで様子を見てみようかなー。

参考記事


 

POA-LMP69 CLP サンヨー用 汎用交換ランプユニット 【送料無料】【90日保証付】【納期1週間から】JPLAMPPOA-LMP69 CLP サンヨー用 汎用交換ランプユニット 【送料無料】【90日保証付】【納期1週間から】JPLAMP

by G-Tools
type="text/javascript">
type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js">

プロジェクターを買ってみた

パーマリンク 2011/04/03 02:32:15 著者: kuma メール
カテゴリ: デジタルモノ

HDブラウン管は発色は最高なんだけど、大きさが物足りないのでプロジェクターでも欲しいなーと思っていた矢先に、ヤフオクで2000円ジャンク品の出品が!

しかも100インチスクリーンセットだったので、ダメでも諦めがつくかと思って落札。
(しかし実は送料だけで落札価格の4倍近くしたっていう)


さて、落札できたのは SANYO LP-Z2 という2003年発売の機種です。
これでもパネル解像度が 1280x720 で DVI 端子搭載なのでスペック的には十分です。

ついでに 5m の DVI-Dケーブルも併せて購入しときました。


で、これが問題の100インチスクリーン。思った以上にでかいぞ、これは。
なんとか天井に吊り金具を打ち込んで、邪魔にならない位置に設置。

大きさ比較として一番左が19" CRT、中央が28W HDブラウン管という具合。


さて、その肝心のジャンク内容ですが、とりあえず映るけどランプ交換時間過ぎて暗いからランプ交換してねってことです。
とりあえず状況を確認しないことにはわからないのでカラーバーを映してみる。


うん、確かに暗いねーこれは。(ノイズは携帯カメラ画質の問題)
あとランプ切れ間近なためか画面全体が黄色っぽい感じもする。

参考程度に映像調整用のCRTモニタに同じものを映してみた結果がこれ。


ということでランプ交換はどちらにしても必要なようです。
しかし普通に買うと2万5千円ほどの出費になるので、普通は本体買い替えます。

国内で買うと高いので、eBayでランプ球のみを探すと$90で販売しているのを発見!
香港からの送料を入れても$105で買えてしまいます。
こういうときに限っては円高(゜Д゜)ウマー


これでランプを交換してみて状況見ることにします。
ま、それでダメならまたジャンク品で売り飛ばすだけなので。
 

SANYO LP-Z2(S) ホームユース液晶プロジェクターSANYO LP-Z2(S) ホームユース液晶プロジェクター
三洋電機
売り上げランキング : 299247
type="text/javascript">
type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js">

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 12 >>

一六社で働くITエンジニアのブログ。

普段はWeb系システム開発と地元のPCサポートをやってます。いつの間にやら会社に8年目。
技術ネタ中心に日々の仕事と生活と趣味やらを気が向いたら書いてます。

2017年4月
 << <   > >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution free blog software